私は
恋愛スキルアップトレーナーとして
直接指導したりメールマガジンやブログを通じて
情報発信したりしています。
テクニックも発信しますが
重要点としている事は
「存在感のある男になる」
「コミュニケーション力の向上」
「行動しやすい心と体の環境を整える」
この3点を重要点としています。
・「存在感のある男」とは
「自信と余裕を持ち、且つ包容力のある男」
と定義しています。
存在感のある男がテクニックを用いたら
鬼に金棒である事は言うまでもありません^^
・駆け引きするにしても

心理的優位に立つにしても
コミュニケーション力は不可欠です。
・いかなるノウハウやテクニックを知っていても
行動できなければ宝の持ち腐れですね^^;
ただ「行動を起こしましょう」と言っても
多くの人は簡単には行きません。
ですから
恋愛スキルアップトレーナーとして
「行動しやすい心と体の環境の整え方」を
教えています^^
以上です。
では
さっそく本題に入って行きましょう^^

 

コンプレックスを克服する方法

今回のタイトルは
「コンプレックスを克服する方法」ですね。
このレポートに興味を持って頂いたあなたは
何かしらのコンプレックスを持っていらっしゃるのでしょう。
「コンプレックス」について
相談を受けた時に私は必ず
相談してきた人に聞く事があります。
あなたにも同じ質問をさせてください。
あなたは「太った人」人を見たら
どのような印象を受けますか?
多くの人は
そのままなのですが「太っているという印象」と答えます。
おそらく
私が同じ質問をされたら同じく
「太っているという印象」と答えるでしょう。
では

このような質問をしたらどうでしょうか?
あなたは
「太っているけど、とても前向きで明るい人」と接したら
どのような印象を受けるでしょうか?
という質問です。

 

コンプレックスを克服する方法

 

多くの人は
「太っているけど、とても前向きで明るい人」と接したら
「とても前向きで明るい人」という印象を受ける。
と答えます。
あなたはどうでしょうか?
おそらく
あなたも同じではないでしょうか。
では逆に
「太っている事を気にしてオドオドしている人」と接したら
あなたはどのような印象を受けるでしょうか?
おそらく
「暗い人だなぁ」とか「自信のなさそうな人だなぁ」とか
そのままですが「オドオドしている人だなぁ」という印象を
受けるのではないでしょうか。
そういう事なのです。
多くの場合

その人が持つコンプレックスよりも
コンプレックスを気にし過ぎて自信のなさそうな態度の方が
周囲の人は気になり、気になるのはコンプレックスそのものではない。
という事です。
要するに
「コンプレックス」よりも「その人の雰囲気」や「性格」の方が
周りに与える印象の度合いがはるかに大きいのです。

 

コンプレックスを克服する方法

■■よくあるコンプレックス■■

■顔がブサイク

スポーツ選手は全員イケメンか?という事です。
たとえイケメンでは無くても彼らはカッコいいですね。
「一生懸命プレーしている姿」がカッコイのです。

顔は「顔のつくり」よりも「表情」から受ける印象の方が
はるかに大きいモノです。
あなたらしい笑顔を身に付ける事で
周囲の印象は大きく違ってきます。
逆に「顔のつくり」を気にし過ぎて
顔を隠すような髪型や暗い表情をしていては
もったいないです。

 

コンプレックスを克服する方法

 

■背が小さい

トム・クルーズは背が小さいですが
ハリウッドの大スターですね。
もし、
トム・クルーズが背の小ささを気にして
人目につきたがらなければ
今の地位はあり得ない事だったはずです。

 

コンプレックスを克服する方法

 

■過去に大きな失敗や挫折をした

過去に失敗したからと言って
未来も同じ結果になるとは限りません。
「失敗」は向かい合えば、多くの事を教えてくれます。
「失敗」から教わったことは
あなたにとっての「自信の芽」になります。
「自信の芽」を育てていけば
いつかは巨木になる可能性があります。

「夢」や「目標」に対して挫折したのであれば
「再挑戦する」とか「方向変換して前進する」など
方法はいくらでもあります。
「夢」や「目標」は逃げて行きません。
いつもその場所にあるのです。
逃げて行くのは「夢」や「目標」ではなく

「その人自身」なのです。
3つの「よくあるコンプレックス」を書いてみました。
あなたに当てはまるモノはあったでしょうか。
あなたがコンプレックスを克服し
行動的でイキイキとした毎日を送れる事を
心から願っています。
周りに与える印象は「コンプレックス」よりも
「雰囲気」や「性格」だと言う事を
覚えておいて頂くと
必ずあなたの役に立つハズです^^